消化ガス発電

山形浄化センターにおいて、汚泥処理の消化工程において発生する消化ガスを利用した"消化ガス発電"を行っています。

山形浄化センターでは、水処理で発生する汚泥を消化タンクへ投入・加温し、微生物の働きにより分解させる(これを消化といいます)ことで汚泥の減量化を図っています。この消化工程において発生する消化ガスには、メタンが多く含まれていることから、これをバイオマス資源として発電に利用しています。

下水道施設維持管理支援

流域下水道処理施設の運転操作等維持管理事業

  • 運転操作等維持管理
  • 緊急時対応
  • 消化ガス発電

下水道知識の普及啓発及び、技術研修事業

  • 普及啓発
  • 下水道技術者研修

ニュース&リリース

一覧

入札情報

一覧

ページのトップへ戻る